PRIMERGY サーバ(TX1310 M3) ソフトウェアRAID設定手順

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 30 秒

いつもおっとサーバブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

 

お客様より、お問い合わせいただきますPRIMERGY TX1310 M3の
ソフトウェアRAIDの設定手順について、ご案内致します。
(※ 今回は500GBのHDDを2台使って、RAID1を構成しております。)

 

本体の電源起動時よりご案内致します。
▼起動し、下記の画面が表示されたらキーボードの”F2″キーを押下します。

 

▼この画面が出ますので、右カーソルでタグの”Advanced”を選択

 

▼”LSI Software RAID Configuration Utility”を選択

 

▼”Virtual Drive Management”を選択

 

▼”Create Configuration”を選択

 

▼”Select RAID Level”で【RAID1】を選択し、”Select Drives”を選択

 

▼今回HDD使用の為、
“Select Media Type”を
【HDD】で選択します。
  ※SSDの場合はSSDを、
   HDD・SSDが各1組等混在の場合はBothを選択します。
 RAID構成の、対象とするDriveを【Enabled】に変更し
 ”Apply Changes”を選択

 

▼”OK”を選択

 

▼”Disk WC”で【Enable】を選択し、”Save Configuration”を選択

 

▼”Yes”を選択

 

▼”OK”を選択、これで設定がSaveされました。

 

以下作成したRAID構成が、組まれているかの確認手順となります。
▼”Virtual Drive Management”を選択

 

▼”Manage Virtual Drive Properties”を選択

 

▼RAID1構成の設定確認、HDD容量などがご確認いただけます。

 

以上 PRIMERGY TX1310 M3のソフトウェアRAIDの設定手順でした。
商品ご購入の際にはRAID設定、組み込み作業を当社で承っておりますので
記事を読んだけど、よくわからないといった方もご安心ください。

 

その他、ご不明な点がございましたら是非お気軽にお問い合わせください。

 


 

(2019/12/3 追記)

 

ご紹介の、PRIMERGY TX1310 M3
おっとサーバ店にて取扱致しております。
オンラインショップ商品ページを是非ご確認ください。

■おっとサーバ店 オンラインショップ
▼PRIMERGY TX1310 M3 カテゴリーページはこちらです
https://www.pcserver1.jp/category/FUJITSU_T_ENTRY/

Xeon搭載
OSなしカスタムモデル
Windowsインストール済カスタムモデル
WindowsServer インストール済
WindowsStorageServer(ファイルサーバ専用)インストール済
その他OSインストールカスタムモデル

Pentium搭載
OSなしカスタムモデル
Windowsインストール済カスタムモデル
WindowsServer インストール済
WindowsStorageServer(ファイルサーバ専用)インストール済
その他OSインストールカスタムモデル

Celeron搭載
OSなしカスタムモデル
Windowsインストール済カスタムモデル
WindowsServer インストール済
WindowsStorageServer(ファイルサーバ専用)インストール済
その他OSインストールカスタムモデル

また、PRIMERGY TX1330 M3 ハードウェアRAIDの
設定手順についても当ブログにてご紹介致しております。
必要な際は、是非参考になさってみてください。

PRIMERGYサーバ TX1330 M3(PY-SR3C42) RAID設定手順

 


 

タグ: , , , ,


コメントは受け付けていません。