‘技術記事’ カテゴリーのアーカイブ

YouTube PRIMERGY AHCI設定方法動画のご案内

2020年10月12日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 33 秒

いつもおっとサーバ店をご利用頂き誠にありがとうございます。

おっとサーバ店 YouTubeチャンネル 
今回、「PRIMERGY AHCI設定方法」の動画をアップ致しました。

TX1310 M3 ソフトウェアAHCIについての設定手順を
順を追ってご案内致しております。是非ご覧になって下さい。

PRIMERGY AHCI設定

(→おっとサーバ店チャンネルはこちら

併せて前回紹介したPRIMERGY RAID設定手順の動画は確認頂けましたでしょうか?
こちらではPRIMERGYでのRAID設定についてご紹介しています。

当社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、製品入荷情報やお得情報など、
さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧ください。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

OSにおける 最大CPU数 / 最大メモリ容量 の違い

2020年10月12日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 24 秒

いつもおっとサーバをご愛顧いただきありがとうございます。

今回は弊社で大変ご好評いただいております、
富士通サーバ PRIMERGYにおける、OS/ディストリビューション別の
最大CPU数 / 搭載可能メモリ容量の違いを、弊社取り扱い商品から
一部ご紹介させていただきます。

 ※ 表・数値は富士通HPより参照

 

■ Windows

OS 最大CPU数 最大メモリ容量
Windows Server® 2012 Datacenter (~64) 4TB
Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Windows Server® 2012 Standard (~64) 4TB
Windows Server® 2012 R2 Standard
Windows Server® 2012 Foundation (~1) 32GB
Windows Server® 2012 R2 Foundation
Windows Server® 2012 Essentials (~2) 64GB
Windows Server® 2012 R2 Essentials
Windows Server® 2016 Standard 無制限(~64) 24TB
Windows Server® 2016 Datacenter
Windows Server® 2016 Essentials (~2) 64GB
WindowsServer® 2019 Standard 無制限(~64) 24TB
WindowsServer® 2019 Datacenter
WindowsServer® 2019 Essentials (~2) 64GB

※ ハイパースレッディング・テクノロジー機能による論理CPU数をカウントしています。
※ ( )内は物理CPU数をカウントしています。

 

■ Linux

OS 最大CPU数 最大メモリ容量
Red Hat® Enterprise Linux7 192 12TB

※ ハイパースレッディング・テクノロジー機能による論理CPU数をカウントしています。

 

■ VMware

OS 最大CPU数 最大メモリ容量
VMware vSphere® 6(ESXi6.0) 480 6TB
VMware vSphere® 6(ESXi6.7) 768 16TB

※ ハイパースレッディング・テクノロジー機能による論理CPU数をカウントしています。

 

▼ その他のOS/ディストリビューションについてはコチラ
https://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/technical/memory/

 

上記表をご覧頂いた様に、ご利用されるOS・ディストリビューションによって
対応する最大CPU数・メモリ容量に大きな差があることが分かります。

現在弊社では
WindowServerを初めとするOS・ディストリビューション・
対応サーバ各種 
取り扱っております!

この機会に是非、ご利用の機器・OSの見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

▼ 今回ご紹介したOSライセンスなどはコチラ
WindowsServer
https://www.pcserver1.jp/category/WSOL/
vSphere
https://www.pcserver1.jp/category/VM_VSPHERE/
RHEL
https://www.pcserver1.jp/category/RHEP/

 

当社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、製品入荷情報やお得情報など、
さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧ください。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

 

YouTube PRIMERGY RAID設定方法動画のご案内

2020年9月23日 水曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 39 秒

いつもおっとサーバ店をご利用頂き誠にありがとうございます。

おっとサーバ店 YouTubeチャンネル
今回、「PRIMERGY RAID設定方法」の動画をアップ致しました。

TX1310 M3 ソフトウェアRAIDについての設定手順を
順を追ってご案内致しております。是非ご覧になって下さい。

PRIMERGY RAID設定

(→おっとサーバ店チャンネルはこちら

また、ソフトウェアRAID設定手順について以前にブログでもご案内しております。
画像と設定時の選択項目等を記載しており、わかりやすく手順をご案内致しております。
こちらも、是非あわせてご確認ください。

PRIMERGY サーバ(TX1310 M3) ソフトウェアRAID設定手順

当社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、製品入荷情報やお得情報など、
さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧ください。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

PRIMERGY TX1310M3にCentOS 8.2をインストールしてみました

2020年9月14日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 57 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

今回、弊社ご利用のお客様でCentOSをご利用されている方が多いという事で、
弊社でご好評頂いております、TX1310M3CentOS 8.2インストール検証を行いました。

下記製品を使い、
AHCI設定、RAID設定でCentOS 8.2をインストール、HDD認識の確認までを検証致しました。

※ 結果として、RAID設定については動作可能なドライバが無く動作確認が出来ませんでした。
  こちらも検証内容を掲載致しますので、参考になさってみてください。

 

【今回使用した製品】

富士通 PRIMERGY TX1310M3
・CPU:Xeon E3-1225v6 3.3GHz 4C/4T
・メモリ:PC4-2400 ECC 8GB ×1
・ディスクコントローラ:オンボードSATAコントローラ

Seagate HDD
・ST2000DM001 2TB ×2

※ 本動作検証は弊社でのテスト環境における動作確認であり、
  お客様の環境で動作保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

 

まずはAHCI設定でのインストール検証内容です。

DVDメディアからインストーラーを起動します。

問題無くインストーラーが動作し、ホーム画面までたどり着くことができました!

また、GUIからCUIへの切り替え・HDDの確認も行う事ができました。
※ GUI→CUI切り替えコマンド ”systemctl disable gdm.service”
  ディスクス空き領域コマンド ”df”

以上がAHCI設定での検証となります。

続きまして、RAID設定でのインストールについての検証内容です。

まずはドライバなしでインストールを行ってみました。
すると、言語選択画面でエラーのポップアップが表示されました。
※ OSにオンボードRAIDのドライバはないので認識できない様です。

そのため、CentOS8.2(RHEL8.2)のオンボードRAIDドライバを探しましたが、
富士通等でも公開されていませんでした。
そこで、CentOS前verのドライバであるmegasr2等をインストールを試みましたが、
どうやら前バージョンのドライバでは動作確認ができないようでした。

※ ドライバのインストール方法については、コチラをご確認下さい。
  (以前のドライバでCentOS 7をインストールした際の検証記事です)
  http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/2794

オンボードRAIDで利用するには、ドライバのリリースを待つほかなさそうです。
もし、このドライバで動作確認できた!というご意見ありましたら、ご教示頂けると幸いです。

▼今回使用したサーバの詳細はコチラ
https://www.pcserver1.jp/category/PRIMERGYSPECIALTY/TX1310M3_0003.html

 

弊社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、
是非ご覧くださいませ。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

Synology(7つの特徴)【その3】

2020年8月6日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 5 秒

Synologyについての 7つの特徴 を解説致しております。


今回の第3回目は7つの特徴解説の最終回となり、
下記項目5、6、7のバックアップに関する特徴を解説致します。


【特徴】

 1、QuickConnect (第1回目で解説)
    ・・・社外からVPN設定無しで、ファイルにアクセス

 2、CloudSync (第2回目で解説)
    ・・・19種類のcloudと指定ファイルをリアルタイム同期

 3、PCバックアップ (第2回目で解説)
    ・・・ライセンス無料でPCのデータをNASへバックアップ

 4、Hyperバックアップ (第2回目で解説)
    ・・・NASのデータを外部媒体にバックアップ

 5、スナップショット
    ・・・世代管理によるランサム対策、ディザスターリカバリーにも対応

 6、ウイルス対策
    ・・・無償のウイルス対策ソフト(台北本社に24時間解決対策チームを保持)

 7、ログセンター
    ・・・優秀なログ管理(SYSログサーバへの転用も可能)

 


 

以上が、Synologyについての 7つの特徴となります。
セキュリティの面、ログの確認など安全にご利用いただける機能を持っております。
また、弊社ではサポート&保守付モデルを販売しており、更に安心して製品を
ご利用いただくことが出来ます。

NASの導入にSynology製品を是非ご検討ください。

 

Synology保守付モデル販売中です!!

↑ クリックするとお取り扱い商品が表示されます

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

Huawei FusionServer にCentOS 8.2 をインストールしてみました

2020年7月28日 火曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 48 秒

今回、お客様よりHuawei FusionServerにCentOS8がインストール出来るかお問い合わせを

頂きました。

そこで、弊社でもインストール検証を実施してみました。使用するバージョンは8.2です。

使用する本体は、2288HV5という2Uサーバです。弊社では、1Uの1288HV5、4Uの5288V5も

取扱が御座いますが基本スペックは同一です。

オンボードNIC:Intel X722ベース 1000T、10G-T、SFP+

ハードウェアRAID:AVAGO 3508

を搭載しております。

それでは、インストールを行ってみます。RAIDコントローラ上でRAID1を構築。

そのボリュームにインストールを実行しました。細かい設定は行わず、初期設定で進めて行きます。

特にエラー等無くインストールは実施できました。

GUI、RAID、NICのOS認識は問題御座いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々FusionServerはデータセンター向けのミドルレンジサーバとして開発されておりますので

Linuxとの相性は良いです。CentOSを利用してのサーバ構築をご検討でしたらFusionServerを

いかがでしょうか。

 

1288H V5 お試しモデル 107,800円

2288H V5 お試しモデル 217,800円

5288 V5 お試しモデル 217,800円

 

Synology(7つの特徴)【その2】

2020年7月27日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 4 秒

Synologyについての 7つの特徴 について
数回のブログに分け解説を行っていきます。

 

【特徴】

 1、QuickConnect (第1回目で解説)
    ・・・社外からVPN設定無しで、ファイルにアクセス

 2、CloudSync
    ・・・19種類のcloudと指定ファイルをリアルタイム同期

 3、PCバックアップ
    ・・・ライセンス無料でPCのデータをNASへバックアップ

 4、Hyperバックアップ
    ・・・NASのデータを外部媒体にバックアップ

 5、スナップショット
    ・・・世代管理によるランサム対策、ディザスターリカバリーにも対応

 6、ウイルス対策
    ・・・無償のウイルス対策ソフト(台北本社に24時間解決対策チームを保持)

 7、ログセンター
    ・・・優秀なログ管理(SYSログサーバへの転用も可能)

 

回の第2回目は、上記項目2、3、4のバックアップに関する特徴を解説致します。


 

今回は、バックアップに関しまして3つのアプリケーションのご案内でした。
重複するデータを削減し、データの肥大化を防ぐことで効率良くバックアップが
出来ますね!NASの導入にSynology製品を是非ご検討ください。

 

次回 Synology(7つの特徴)【その3】

 

Synology保守付モデル販売中です!!

↑ クリックするとお取り扱い商品が表示されます

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

 

富士電機UPS UX100 PET501J1CA 動作検証

2020年7月14日 火曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 26 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

今回、富士電機(株) 小型UPS ”UX100 シリーズ PET501J1CA” を使用し
下記2点の動作検証を行いました。

 

【 確認内容 】
 
① 停電時を想定したUPSの動作を確認する為、サーバ稼働中に
電源ケーブルを引き抜き検証。
 
② UPSバッテリー残量が低残量になった際のサーバシャットダウンの動作確認。

 

■使用したサーバ本体■
富士通 PRIMERGY TX1320 M4(Windows server2016) 

 

▼検証前の準備
サーバの電源ケーブルをUPSに接続し、まずOS側の設定を行います。

下記のサイトからダウンロードできる、”Windows電源管理(USB)”の
手順に沿って設定を行います。

 

■富士電機(株)
 → ソフトウェア・ネットワーク対応一覧表 Windows電源管理(USB)

マニュアル


※ このとき、低残量バッテリー低下のレベルが、バッテリ切れレベルより低い値ですと、
  UPSが正常に機能しませんのでご注意ください。
※ 今回は検証の為、低残量バッテリやバッテリ切れのレベルを高い値に設定している為、
  実際に運用する値とは異なります。


以上が検証前の準備となります。
それでは、各検証内容をご覧ください。

 

① 停電時を想定したUPSの動作を確認する為、サーバ稼働中に
電源ケーブルを引き抜き検証。

OS側の設定完了を確認したら、
停電時を想定して電源ケーブルをコンセントから引き抜いてみます。
すると、バッテリーランプが点灯しました。それと同時にアラートも鳴りました
異常が発生したことが分かりやすくなっているということが確認出来ます。

 

② UPSバッテリー残量が低残量になった際の、動作を検証。

手順①でUPSが稼働したことが確認できましたので、
サーバが正常にシャットダウンされるか
確認していきます。
先述したとおり、バッテリー残量99%で低残量の表示が出るよう設定しました。

バッテリー残量を知らせるポップアップが表示され、タスクバーの
電源アイコンが警告表示になりました。

その後、バッテリー残量が98%になった時点で、
自動的にサーバのシャットダウン開始されました。


以上で、UPSの稼働からサーバのシャットダウンまで、
正常な動作確認ができました!

 

なお、別途管理ツールと、COMM PORTを使ってサーバとUPSを接続すれば、
復電後の自動出力動作の設定など、より細かい設定を行うことができるようです。

管理ツール
https://www.fujielectric.co.jp/products/power_supply/ups/mini/ux100.html
#parentHorizontalTab5

※PRYMERGYの場合、iRMCを使った電源復旧も動作確認できました。

 

今回ご紹介したUPS以外にも、富士電機では用途に合わせた多種多様なUPSを
取り扱っています。UPS導入をお考えの際は、是非ご検討してみてはいかがでしょうか!?

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、製品入荷情報やお得情報など
さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

富士電機(株)
■小型UPS 「PET501J1CA」
 ~ コストパフォーマンスに優れております! ~

通常、他社製のUPSですと、本体の金額に加えてパワーシュート等の
管理ソフトウェアの費用が発生します。こちらの製品では、WindowsOS標準搭載の
電源オプション設定で操作出来てしまう為、その分の価格を抑えることができます。
また本体価格も他社製品に比べ若干安めに設定されています。

 

▼商品ページ
https://www.pcserver1.jp/item/PET501J1CA3Y.html


▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

 

PRIMERGY Windows10インストールモデル 販売中!!

2020年7月1日 水曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 15 秒

おっとサーバ店では、富士通 PRIMERGY TX1310 M3
クライアントPC化した

Windows10インストールモデルを販売中です!!

 

今回、Windows10をインストールモデルについて
検証を行いました結果、

解像度が 1920 × 1200 で表示可能。
RAID Managerがインストール可能。

といった結果が確認出来ました!!

 

【解像度について】

1920 × 1200表示可能なモニタに接続し、表示確認出来ました!!

 

【RAID Manager インストール】

RAID Manager についても問題無く、インストールが出来ました。

【注意点】
RAID Managerのログイン時に
ユーザーIDとパスワードの入力が必要になります。
その為、OSをインストールする際、またはインストール後であればコントロールパネルから
ユーザーIDとパスワードの設定を行う必要がございます。
忘れないようにメモ等、保管もお勧め致します。

サーバをクライアントPC化した、
Windows10インストールモデルいかがでしょうか。

 

その他にもサーバ機のメリットと致しまして

メーカー保証1年間が付いている。
 翌営業日以降訪問修理 (月曜~金曜、9:00~17:00 / 祝日および年末年始を除く)

サーバ機の為、壊れにくい。

といった点がございます。
テレワーク時の、事務用PCとしてもオススメです。
windows10インストールモデル 62,700円(税込)~販売中です!!
是非ご検討ください!!

 

 

■富士通 PRIMERGY
TX1310 M3 Windows10インストールモデル
https://www.pcserver1.jp/category/CLIENTFJT/

  

 

また、新たにメモリ 標準8GB、M.2へOSをインストールした

シンプルなセットも作成致しました!! こちらから

 

 

 

PRIMERGY RAIDカード キッティング解説

2020年6月18日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 42 秒

今回、富士通ラックサーバ PRIMERGY RX1330 M4での、
RAIDカード装着法方法ついて解説致します。

※ なお、今回使用しているサーバ以外の製品ですと仕様が異なる場合がございます。

■今回使用している製品
・ラック型サーバ:Fujitsu PRIMERGYRX1330 M4
・RAIDカード:Fujitsu PY-SR3C42H RAIDコントローラ(D3216)

 

【 手順 】

① ラックサーバの蓋をあける

まず初めに、サーバ本体のカバーを開けます。この際、左右にある
緑色のトリガー(緑円部分)を押し込み、拡張(PCIe)スロットの方向(矢印方向)へ
蓋をスライドさせます。

蓋を少しスライドさせ、そのまま持ち上げる事で蓋を外す事が出来ます。
その後CPU上部についている透明なファンカバーを外します。

※ 取り外し前 ※ 取り外し後
※ カバー取り外し後

② 拡張スロット部分のライザーカードを取り外す

蓋を取り外した後の写真左上部、拡張(PCIe)スロットに装着してある
ライザーカードを引き抜きます。
※ この時、引き抜く方向は、サーバ設置面に対して反対方向です。
※ 拡張(PCIe)スロットは、必ず1番左(ドライブベイの反対方向)をご利用ください。

③ RAIDカードをライザーカードに装着する

箱から取り出したRAIDカードに、ロープロファイルブラケットをネジ止めします。(橙円部分)
そして、先ほど取り外したライザーカードのブラケット装着部分についているカバーを取り外します。

カバーを外したら、ブラケットを装着したRAIDカードを横にスライドする様にし、
ライザーカード側のPCIeスロット(青円)に挿し込みます。
この時、ライザーカード側にブラケットが先が引っかかるように取り付けます。

④ システムボードにRAIDカード付ライザーカードを装着する

ライザーカードへの取り付けが終わったら、システムボードに刺さっている
SATAケーブルを抜き取り、RAIDカード側の1のポートに挿し込みます。(赤円部分)
次に、ライザーカード側のPCIeをシステムボード側のPCIeスロットに差し込みます。(青円部分)

※ 赤円で指示している箇所がSATA接続部分、青円がPCIe接続部分です。

⑤ 蓋を閉じる

最後に、透明なファンカバーをつけて、ラックサーバの蓋を付けたら作業完了です。
※カバーをつける時は、外した際のくぼみに合わせてからスライドします。


当社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010