ミッドレンジストレージのベストモデル!HUAWEI OceanStor 2600V5 入荷しました!

2021年4月16日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 16 秒

今回、Huawei社のミッドレンジストレージ【OceanStor】の取り扱いを開始しました。

そこで、Huawei社より【OceanStor 2600V5】の検証マシンをお借りすることができました。

OceanStorのポイントを私の独断で7つ上げてみます。

①  超 低コスト!他社の同等クラスマシン(MSA2060/ME2024)と比べてみてください。圧倒的低コストです。

②  iSCSI だけでは無く、CISF/NFSも使用可能。ネットワーク共有ストレージとして利用できます。1台2役!

③  初期構成でSFP+と1000Tポート搭載。通信環境に合わせた設定が可能です。

④  コントローラはもちろんデュアルコントローラ電源も2重です。

⑤  3.5インチシャーシ2.5インチシャーシをご用意。大規模ファイルサーバなら3.5インチで。仮想化用IO重視なら2.5インチで。

用途に合わせてシャーシを選択可能です。

⑥ 意外と静音です。テレワークで社員の少ない弊社オフィス内でも気になりません。(社内サーバルームの方がうるさいです)

⑦  設定はおなじみのブラウザ表示。英語表記ですがグラフィカルなメニューなのでさほど難しくありません。

今回お借りしましたのは2.5インチシャーシです。25本の2.5インチストレージを搭載可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面のモジュールユニットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはモジュールの拡大図です。左からご説明します。

黄色いつまみの正方形状な箇所は【RAIDコントローラのバッテリー】です。

続いて、【外部JBOD接続のSASポート】です。

次の黒いフタがついているのは【SFP+】です。

次の4ポートは【1000BASE-T】です。

最後に3つ並んでいるのは管理ポートになります。左から、

マネジメントポート(ブラウザから管理するために使います)

メンテナンスポート

シリアルポート

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの図はRAIDコントローラのバッテリーが簡単に回収できるところをアップしました。

消耗品であるバッテリーの交換が容易です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は入荷時の簡単な概要説明になりました。次回よりマネジメントポートへ接続して設定解説を実施いたします。

CALの豆知識

2021年3月26日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 23 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

今回は、Windowsサーバにアクセスするために必要なClient Access License(CAL)

選び方に関するTipsです。

そもそもCALには2つの提供方式があり、1つはサーバにアクセスをする人数でCALの必要数を決める

ユーザーCAL、2つ目は、対象のサーバにアクセスしているデバイス(クライアントPC)の数で決める

デバイスCALがあります。

ここまではご存じの方も多いかと思います。そしてCALを選ぶ上でもう一つ欠かせない重要項目が

あります。
それは”同時接続ユーザー数モード”です。

上述したCALのカウント方法は接続ユーザ数または接続デバイス数モードで、サーバの台数に関係なく

接続する人数orデバイス数できまります。
一方で、同時使用ユーザー数モードはユーザーCALで適応されるカウント方法で、サーバを

同時に使用する最大数分のCALが必要となります。
また、このカウント方法の場合、サーバ1台毎に同数のCALが必要となります。

※デバイスCAL・SQLサーバ等では同時接続モードはございません。

 

例えば、従業員は合計で50人で昼勤と夜勤が25人ずつ、同時には作業をしないという組織があります。
”接続デバイス数または接続ユーザー数モード”で利用する場合、50CAL必要が必要になります。
一方で、同時使用ユーザー数モードの場合、サーバ1台ごとに25CALが必要となります。

上記の例から、接続先のサーバが1台の時に限り同時使用ユーザー数モードでカウントすることで、
なんと25ユーザー分のコストを抑える事が出来ます。

このように、CALを購入する際はご利用の環境に応じてコストを低く抑える事ができる事かも

しれません!
もしCALに関してご不明な点やご質問等あれば、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

▼WindowsServerのライセンスページはコチラ
https://www.pcserver1.jp/category/MICROSOFT/

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010

富士通 純正HDD 1TBがお買い得になりました!

2021年3月22日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 55 秒

いつも富士通 PRYMERGYをご購入いただきありがとうございます。

この度、富士通 PRYMERGYサーバ用の 純正 HDD 1TB

大変 お買い得 になりましたのでご案内致します!

 

BTO組込時の価格がなんと・・・

 

  標準価格 42,900円(税込)  11,000円(税込)

 

1台 11,000円(税込) でのご提供となります。

 

 

■ 対象モデル 富士通PRYMERGY

 

TX1310 M3 TX1320 M4 TX1330 M4(4コア/6コア)
          
  RX1330 M4
  

 

弊社でキッティングしたサーバでのご提供が必須となります。

 ※ 単品販売は行っておりません

 

こちらのHDD構成であれば通常の富士通1年オンサイト保守はもちろん、

保守の追加購入で3年、5年のオンサイト保守にも加入ができます。

また富士通純正メモリもお買い得となっておりますので、

3年、5年と長期オンサイト保証をご希望の方は是非ご検討ください。

 

お問い合わせお待ちしております ♪

 

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

 

HPE 特別値引キャンペーン!

2021年3月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 47 秒

いつもOTTO SERVERをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

 

期間限定 HPE特別値引キャンペーン! のご案内です。

 

◆ 対象モデル:標準カタログモデル(BTO)

        フルカスタマイズモデル(CTO)

◆ 対象製品 :サーバ、ストレージ、不随サービス

◆ 期間   :2021年4月30日(金)弊社出荷分まで

 

こちらのキャンペーン価格ですが、はっきり言ってHPEサーバやストレージが

過去最高の割引率 で購入できる企画になり、めちゃくちゃお得です。

 

特別値引きお見積もりの条件としましては競合様の情報(メーカー名/見積金額)が必要となります。

HPE以外のメーカーで結構価格が安く出てるんだけど、もう少し安くできないかなとお悩みのお客様!

是非おっとサーバ店にお気軽にご相談ください。特別値引きのお見積もりを致します。

 

まずはご相談だけでも構いません。

お問い合わせお待ちしております♪

 

商品ページはこちらから

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

 

HP製品のサポートサービスの登録方法ご紹介!

2021年2月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 35 秒

いつもOTTO SERVERをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

 

本日はHP製品のサポートサービスの登録に関してのご案内です。

HP製品をご購入される際、FC(ファウンデーションケア)などのパッケージ品を併せてお求め頂く方も多いかと思います。

それらのサービスはご購入されただけでは受ける事ができず、お客様ご自身で「サービス登録」をしていただかないとサービスをご利用いただく事はできません。

今回はそのサービス登録の方法をご紹介させて頂きます。

 

◆必要なもの

・ご利用サービスのパッケージ品

・ご利用の機器情報

・お客様情報

 

◆重要

・本登録は、商品が納品されてから1か月以内に行ってください。

・ご登録時に販売店印とご購入日記入済みの製品保証書が必要です。

 

※プロアクティブケアの方はコチラ

https://www.hpe.com/jp/ja/services/proactive-care-services.html

 

◆登録方法

弊社(HPE販売店)からご購入の場合、登録方法は3種類ございます。

 

①サポートサービス管理システム(通称CSN)

★オススメの方

・定期的に登録したい方

・登録台数が多い方

・早くサービスを受けたい方

・おもに企業様、販売店様向け

 

②オンラインスマート登録

★オススメの方

・登録台数が少ない方

・登録データの管理が不要な方

・早くサービスを受けたい方

・おもにエンドユーザー様向け

 

③登録シートで登録(Eメール・FAX)

★オススメの方

・1~数台分の登録をされる方

・手許に控えを残したい方

 

▼延長保守パック一覧はコチラ

https://www.pcserver1.jp/category/HP_W/

 

※サービスのよっては一部登録方法がご利用いただけません。

詳しくは下記URLをご確認ください。

https://h50146.www5.hpe.com/services/ps/carepack/fixed/hpe/register/index.html#select

 

 

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、

製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

Synology NAS 保守のご紹介

2021年2月9日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 8 秒

弊社で人気の高い、Synology NASの保守のご案内を致します。

弊社でご購入・キッティング・インストールを行ったお客様向けに
Synology NASの保守 ITプロサポートがございます。

ITプロサポートを簡単に説明しますと、ヘルプデスクのようなものでして
1年ごとの契約が出来ます。(複数年契約もOK)

作業費用算出にあたりお問い合わせ時に下記の内容を確認させていただきます。

 

【基本サービス】
・運用支援となり対象システムの操作方法、機能などに関するお問い合わせに対し、
電話・メールで対応します。

・障害復旧支援
対象システムの障害対応、原因切り分けに関するお問い合わせに対し、
電話・メールで対応します。


【サービス形態】
■ 電話対応
■ メール対応
■ リモート対応


【サービス提供期間】

祝祭日を除く弊社営業日 平日(月~金) 9:00~17:00
※ 年末年始休暇、夏季休暇を除く

 

条件はお客様の要望により異なりますが、人気のメニューについては
各種お問い合わせに関する対応(調査・エスカレーション含む)が、
月間1回のインシデント対応(1時間)可能となります。
(※ 1年間で最大12回、1ヶ月で最大1回、1回の対応時間最大1時間までの対応)

自社でのご利用やエンドユーザー様へSynology導入後の困った!を
解決できる保守となります。

情シスがいない、詳しいエンジニアがいない
そんな会社様に特に人気のメニューとなっております。

保守につきまして詳細をご希望の方、
すでに他社様経由で導入されており、弊社での保守をご希望の方も
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 ↑ クリックするとお取り扱い商品が表示されます


▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

1PB(ペタバイト)の大容量ストレージ取り扱い中!

2021年2月1日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 22 秒

いつもOTTO SERVERをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

近年のストレージ市場において、大容量化が急速に進んだ事やフラッシュメモリの登場によって、

HDDはさらにお求め易い価格で出回るようになりました。

 

例えば、“大容量のストレージ”を導入したいとお考えの際も、昔であれば導入コストが高く、

なかなか手が出せる物ではありませんでした。

しかし、近年であればそういった大容量のストレージでさえも、コストをかなり抑えて

ご導入を実現する事が可能となっております。

では、今回は実際にどのくらい変化があるのか、ご紹介していきます。

 

こちらの画像は以前弊社で取り扱っておりました、1PB(ペタバイト)の大容量ストレージです。

(2014年5月時点)

 

1PBの大容量という事もあり、当時は大変高額となっておりました。

では今現在、同程度の構成の場合、導入コストはいくらぐらいでしょうか?

 

例えば、AICのJBODエンクロージャ(J4078-01)に18TBのHDD(NL-SATA)を78本搭載して、

RAID6+HSを構成した場合、、、

 

なんと!約1.1PBの実容量を有した大容量ストレージを、

¥6,119,000(税抜)お求め頂く事が可能となっております!!

 

また、ディスク容量の変更(RAIDレベル変更)なども承っておりますので、御見積の依頼や商品の詳細に

関しては、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にご依頼下さいませ。

 

*今回ご提示致しました金額は目安の金額となっており、実際の販売価格とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

 

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、

製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

▼今回ご紹介したストレージ製品本体

https://www.pcserver1.jp/category/STO_JBOD/J4078_01_DUAL.html?

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

データ転送が遅い!だったらJBODを導入しましょう!

2021年1月28日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 17 秒

PCのHDDが容量不足で外部機器を増設する際、USB3.0のHDDを使用していると思います。

理由としては、

①接続は簡単

②価格も手ごろ

③入手経路が容易

④そこそこ速い

でしょうか。しかし、問題点も御座います。

①1ファイルが巨大であればデータ編集に時間がかかる。

② HDD 1台だけで動いているのでHDDが故障したらデータロストになる。

③ ケースそのものが耐久性低いので故障のリスクが高い。

④ そもそもコスト重視の機器。耐久性や速度面は除外している。

これらの問題を解決する方法としてJBODの導入を行いましょう!

当店でのおすすめはAIC製 JBOD J2012です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.5インチHDDを12台搭載可能。

サーバまたはワークステーションに搭載したRAIDカードとSASケーブルで接続となります。

JBOD搭載のHDD設定はRAIDカード側で実施致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機材の特徴は以上となります。ここからは取得しましたベンチマークで比較対象となります。

①USB 3.0接続のストレージに50GBのデータを転送

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②SAS 12Gb/s接続のJ2012へ50GBのデータを転送

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③CrystalBenchMarkの結果(64GBで計測)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USB3.0とSAS 12Gでの速度差は5.3倍のパフォーマンスです。大容量のデータを取り扱う場合、USB3.0では時間がいくらあっても足りません。

このようなJBODを導入することで大幅な時間削減が可能です。また、RAIDで運用しておりますので、もしものHDD故障時においても

データが保持できます。

JBODの導入をご検討の際は弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

今回使用しました機材は、AIC JBOD J2012

HUAWEI IdeaHub 取り扱い開始致しました。

2020年12月25日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 17 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

サーバ店としてて取扱開始をしました商品のご紹介です!

02312YNM IdeaHub S 65Win(Corei5)モデル
02312YNL(i5) IdeaHub Pro 65Win (Corei5)モデル
02312YNL(i7) IdeaHub Pro 65Win (Corei7)モデル 

◇製品の特徴のご説明

スムーズかつ高速でコンテンツの共有が可能

・専用グラフィックス処理チップで60 fpsというスムーズな投影を実現
・超低カーソル遅延により、より正確なマウスポインティングが可能

携帯やパソコンといった複数のワイヤレスからの共有可能

■Ideashare App

・ワイヤレスでコンピュータおよびモバイルデバイスのデスクトップを共有
・最大20個のワイヤレス投影ソースを接続可能
・WeChatでQRコードをスキャンし投影することが可能

■Ideashare Projector

・IdeashareプロジェクターはUSBポートでコンピューターに接続し、ワンクリックでデスクトップを共有することが可能

35ms の超低書き込み遅延

■専用チップを搭載
・デュアルチップ(4コア1.5GHz+4コア1.8GHz)、専用グラフィックス処理チップ(4コア1.5 GHz)、ビデオ会議コーデックおよびAIアルゴリズム処理チップ(4コア1.8GHz)

■高精度
・ 書き込み精度が1mmに達し、より正確なホワイトボード書き込みが可能

インテリジェントトラッキング機能

■内蔵の12マイクアレイと4Kカメラを使用し、スピーカーの声の位置を特定。スピーカーを自動的にクローズアップします。

・革新的な音声ベースの位置および顔検出テクノロジ
・スピーカーのクローズアップ、オートフレームパノラマをサポート

 

以上が簡単な商品特徴となります。

商品に関してのご不明点御座いましたらお気軽にご連絡ください。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


 

公費支払いについて

2020年12月24日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 53 秒

 

 

国際産業技術株式会社では学校、官公庁、研究機関様を対象に、

公費支払いや入札案件などに対応させていただいております。

直近では

東京大学 様
山梨大学 様
NICT-情報通信研究機構 様
JAMSTEC – 海洋研究開発機構 様
JAXA – 宇宙航空研究開発機構 様
など

多数の実績がございます。

 

弊社専属の営業が担当し、お客様のご要望に合わせたプランをご提案致します。

ご希望であれば商品の選定~購入後のサポートも行っております。

大口案件や、公費、リースでのお支払いにも柔軟に対応しておりますので

ご相談ください。

 

また当ホームページに掲載されていない機器でも対応致しますので、

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お支払いについて

学校法人・官公庁・国家公立機関のお客様につきましては見積書・納品書・請求書の

書式やお支払条件など柔軟に対応可能です。公費(校費)、研究費、請求書後払い

に対応しております。

 

 

▼掛け売り / リースについて

https://www.pcserver1.jp/ext/creditlease.html

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010