HP製品のサポートサービスの登録方法ご紹介!

2021年2月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 35 秒

いつもOTTO SERVERをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

 

本日はHP製品のサポートサービスの登録に関してのご案内です。

HP製品をご購入される際、FC(ファウンデーションケア)などのパッケージ品を併せてお求め頂く方も多いかと思います。

それらのサービスはご購入されただけでは受ける事ができず、お客様ご自身で「サービス登録」をしていただかないとサービスをご利用いただく事はできません。

今回はそのサービス登録の方法をご紹介させて頂きます。

 

◆必要なもの

・ご利用サービスのパッケージ品

・ご利用の機器情報

・お客様情報

 

◆重要

・本登録は、商品が納品されてから1か月以内に行ってください。

・ご登録時に販売店印とご購入日記入済みの製品保証書が必要です。

 

※プロアクティブケアの方はコチラ

https://www.hpe.com/jp/ja/services/proactive-care-services.html

 

◆登録方法

弊社(HPE販売店)からご購入の場合、登録方法は3種類ございます。

 

①サポートサービス管理システム(通称CSN)

★オススメの方

・定期的に登録したい方

・登録台数が多い方

・早くサービスを受けたい方

・おもに企業様、販売店様向け

 

②オンラインスマート登録

★オススメの方

・登録台数が少ない方

・登録データの管理が不要な方

・早くサービスを受けたい方

・おもにエンドユーザー様向け

 

③登録シートで登録(Eメール・FAX)

★オススメの方

・1~数台分の登録をされる方

・手許に控えを残したい方

 

▼延長保守パック一覧はコチラ

https://www.pcserver1.jp/category/HP_W/

 

※サービスのよっては一部登録方法がご利用いただけません。

詳しくは下記URLをご確認ください。

https://h50146.www5.hpe.com/services/ps/carepack/fixed/hpe/register/index.html#select

 

 

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、

製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

Synology NAS 保守のご紹介

2021年2月9日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 8 秒

弊社で人気の高い、Synology NASの保守のご案内を致します。

弊社でご購入・キッティング・インストールを行ったお客様向けに
Synology NASの保守 ITプロサポートがございます。

ITプロサポートを簡単に説明しますと、ヘルプデスクのようなものでして
1年ごとの契約が出来ます。(複数年契約もOK)

作業費用算出にあたりお問い合わせ時に下記の内容を確認させていただきます。

 

【基本サービス】
・運用支援となり対象システムの操作方法、機能などに関するお問い合わせに対し、
電話・メールで対応します。

・障害復旧支援
対象システムの障害対応、原因切り分けに関するお問い合わせに対し、
電話・メールで対応します。


【サービス形態】
■ 電話対応
■ メール対応
■ リモート対応


【サービス提供期間】

祝祭日を除く弊社営業日 平日(月~金) 9:00~17:00
※ 年末年始休暇、夏季休暇を除く

 

条件はお客様の要望により異なりますが、人気のメニューについては
各種お問い合わせに関する対応(調査・エスカレーション含む)が、
月間1回のインシデント対応(1時間)可能となります。
(※ 1年間で最大12回、1ヶ月で最大1回、1回の対応時間最大1時間までの対応)

自社でのご利用やエンドユーザー様へSynology導入後の困った!を
解決できる保守となります。

情シスがいない、詳しいエンジニアがいない
そんな会社様に特に人気のメニューとなっております。

保守につきまして詳細をご希望の方、
すでに他社様経由で導入されており、弊社での保守をご希望の方も
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 ↑ クリックするとお取り扱い商品が表示されます


▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

 

1PB(ペタバイト)の大容量ストレージ取り扱い中!

2021年2月1日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 22 秒

いつもOTTO SERVERをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

近年のストレージ市場において、大容量化が急速に進んだ事やフラッシュメモリの登場によって、

HDDはさらにお求め易い価格で出回るようになりました。

 

例えば、“大容量のストレージ”を導入したいとお考えの際も、昔であれば導入コストが高く、

なかなか手が出せる物ではありませんでした。

しかし、近年であればそういった大容量のストレージでさえも、コストをかなり抑えて

ご導入を実現する事が可能となっております。

では、今回は実際にどのくらい変化があるのか、ご紹介していきます。

 

こちらの画像は以前弊社で取り扱っておりました、1PB(ペタバイト)の大容量ストレージです。

(2014年5月時点)

 

1PBの大容量という事もあり、当時は大変高額となっておりました。

では今現在、同程度の構成の場合、導入コストはいくらぐらいでしょうか?

 

例えば、AICのJBODエンクロージャ(J4078-01)に18TBのHDD(NL-SATA)を78本搭載して、

RAID6+HSを構成した場合、、、

 

なんと!約1.1PBの実容量を有した大容量ストレージを、

¥6,119,000(税抜)お求め頂く事が可能となっております!!

 

また、ディスク容量の変更(RAIDレベル変更)なども承っておりますので、御見積の依頼や商品の詳細に

関しては、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にご依頼下さいませ。

 

*今回ご提示致しました金額は目安の金額となっており、実際の販売価格とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

 

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、

製品入荷情報やお得情報など、さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

▼今回ご紹介したストレージ製品本体

https://www.pcserver1.jp/category/STO_JBOD/J4078_01_DUAL.html?

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

Tell: 03-3233-8010

データ転送が遅い!だったらJBODを導入しましょう!

2021年1月28日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 17 秒

PCのHDDが容量不足で外部機器を増設する際、USB3.0のHDDを使用していると思います。

理由としては、

①接続は簡単

②価格も手ごろ

③入手経路が容易

④そこそこ速い

でしょうか。しかし、問題点も御座います。

①1ファイルが巨大であればデータ編集に時間がかかる。

② HDD 1台だけで動いているのでHDDが故障したらデータロストになる。

③ ケースそのものが耐久性低いので故障のリスクが高い。

④ そもそもコスト重視の機器。耐久性や速度面は除外している。

これらの問題を解決する方法としてJBODの導入を行いましょう!

当店でのおすすめはAIC製 JBOD J2012です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.5インチHDDを12台搭載可能。

サーバまたはワークステーションに搭載したRAIDカードとSASケーブルで接続となります。

JBOD搭載のHDD設定はRAIDカード側で実施致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機材の特徴は以上となります。ここからは取得しましたベンチマークで比較対象となります。

①USB 3.0接続のストレージに50GBのデータを転送

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②SAS 12Gb/s接続のJ2012へ50GBのデータを転送

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③CrystalBenchMarkの結果(64GBで計測)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USB3.0とSAS 12Gでの速度差は5.3倍のパフォーマンスです。大容量のデータを取り扱う場合、USB3.0では時間がいくらあっても足りません。

このようなJBODを導入することで大幅な時間削減が可能です。また、RAIDで運用しておりますので、もしものHDD故障時においても

データが保持できます。

JBODの導入をご検討の際は弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

今回使用しました機材は、AIC JBOD J2012

HUAWEI IdeaHub 取り扱い開始致しました。

2020年12月25日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 17 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

サーバ店としてて取扱開始をしました商品のご紹介です!

02312YNM IdeaHub S 65Win(Corei5)モデル
02312YNL(i5) IdeaHub Pro 65Win (Corei5)モデル
02312YNL(i7) IdeaHub Pro 65Win (Corei7)モデル 

◇製品の特徴のご説明

スムーズかつ高速でコンテンツの共有が可能

・専用グラフィックス処理チップで60 fpsというスムーズな投影を実現
・超低カーソル遅延により、より正確なマウスポインティングが可能

携帯やパソコンといった複数のワイヤレスからの共有可能

■Ideashare App

・ワイヤレスでコンピュータおよびモバイルデバイスのデスクトップを共有
・最大20個のワイヤレス投影ソースを接続可能
・WeChatでQRコードをスキャンし投影することが可能

■Ideashare Projector

・IdeashareプロジェクターはUSBポートでコンピューターに接続し、ワンクリックでデスクトップを共有することが可能

35ms の超低書き込み遅延

■専用チップを搭載
・デュアルチップ(4コア1.5GHz+4コア1.8GHz)、専用グラフィックス処理チップ(4コア1.5 GHz)、ビデオ会議コーデックおよびAIアルゴリズム処理チップ(4コア1.8GHz)

■高精度
・ 書き込み精度が1mmに達し、より正確なホワイトボード書き込みが可能

インテリジェントトラッキング機能

■内蔵の12マイクアレイと4Kカメラを使用し、スピーカーの声の位置を特定。スピーカーを自動的にクローズアップします。

・革新的な音声ベースの位置および顔検出テクノロジ
・スピーカーのクローズアップ、オートフレームパノラマをサポート

 

以上が簡単な商品特徴となります。

商品に関してのご不明点御座いましたらお気軽にご連絡ください。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


 

公費支払いについて

2020年12月24日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 53 秒

 

 

国際産業技術株式会社では学校、官公庁、研究機関様を対象に、

公費支払いや入札案件などに対応させていただいております。

直近では

東京大学 様
山梨大学 様
NICT-情報通信研究機構 様
JAMSTEC – 海洋研究開発機構 様
JAXA – 宇宙航空研究開発機構 様
など

多数の実績がございます。

 

弊社専属の営業が担当し、お客様のご要望に合わせたプランをご提案致します。

ご希望であれば商品の選定~購入後のサポートも行っております。

大口案件や、公費、リースでのお支払いにも柔軟に対応しておりますので

ご相談ください。

 

また当ホームページに掲載されていない機器でも対応致しますので、

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お支払いについて

学校法人・官公庁・国家公立機関のお客様につきましては見積書・納品書・請求書の

書式やお支払条件など柔軟に対応可能です。公費(校費)、研究費、請求書後払い

に対応しております。

 

 

▼掛け売り / リースについて

https://www.pcserver1.jp/ext/creditlease.html

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


 

サーバ下取りのご案内

2020年12月22日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 44 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度、おっとサーバ店では、新たな試みとしてサーバ下取りを開始させて頂きます。

皆さんは、サーバ購入後の古い機器はどうしていますか??

大半の方が産業廃棄物処理業者に依頼していると思いますが、
サーバ1台廃棄するのに(※下記の表参考)これくらい掛かってしまいます・・・・

本体+データ消去(HDD)
1Uサーバ1台分 ¥  94,000円
1Uサーバ5台分 ¥110,000円


そこで弊社では新たに、サーバ下取りサービス を開始致しました。
弊社でサーバの新規買い換えを行って頂く際、不要となる現在ご利用の機種を
下取り致します。

下取り条件と流れについてご説明させて頂きます。

 

下取り条件

・今回は、新しいサーバを弊社で購入希望の方が対象になります。

・基本的にサーバのみの下取りとなります。

 

下取り流れ

1. お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡お願い致します。

・こちらに現在購入を考えているサーバと、下取りを検討しているサーバの情報をご提示下さい。

2. お見積り

・弊社より、サーバの下取り金額と、購入を検討されているサーバのお見積もりをご提出させて頂きます。

※回収に別途送料が必要になります。見積もりに記載させて頂きます。

3. ご依頼

・当社からの下取りのお見積りと購入希望のサーバのお見積もり内容に同意いただけましたら、
 正式に承ります。

4. お支払い

・新品の購入して頂くサーバ代を先にお支払いして頂きます。

5. 新品サーバ発送

・購入して頂いたサーバを佐川急便にて送付させて頂きます。

6. 弊社へ配送。または引き取り(最長3ヶ月間有効)

・旧サーバが入れ替え完了で停止しましたら弊社へお送り下さい。別途費用は必要ですが、弊社から依頼した業者を通じて商品を引き取りに伺いも可能です。

7.お支払い

・弊社からご指定の口座に下取り金額をお支払いいたします。

 

以上が、下取りの流れとなっております。
流れについてのご不明な点などございました際は、お気軽にご連絡ください。

 

 

弊社の強み

明確な査定

・中古サーバの販売実績20年以上の実績を持つ販売スタッフが多数在籍しております。
 実店舗での販売による市場価格の把握からしっかりと査定をさせて頂きます。

迅速対応

・ご依頼頂きましたら、すぐに当社営業よりご連絡させて頂きお見積もり作成致します。

まずはご相談を!

・古いサーバ機や動作が不安定なサーバ等、下取りが難しいと思われる機種についても
 まずはお気軽にご相談ください!

 

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


極小74㎜デスクトップPC お試しください!!

2020年12月19日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 5 秒

 

いつもおっとサーバ店をご利用いただき誠にありがとうございます。

サーバ店としては少し珍しい取扱商品のご紹介です!


ECS LIVA QID
 レビュー特価 19,800円(税込)

 

サイズ74㎜角の極小デスクトップPC、このサイズでデュアルディスプレイ
対応しております。(HDMI2.0 ×1、DisplayPort ×1 / 4K出力対応)

USB 3.0 ×2、USB 2.0 ×1 、HDMI 2.0 ×1、DP 1.2 ×1、
Gigabit LAN ×1 、Micro SD Slot ×1
※ Windows 10 Pro モデルを取り扱いしております。

 

小型、静音、低消費電力設計PCの点から、
エッジコンピューティング、IoTゲートウェイ、産業用、組込用、様々な
用途の可能性を期待しております!

そんなLIVA Q1Dを只今 おっとサーバ店ではレビュー特価にて販売中です。

Windows 10以外にもお試しいただいたOSや、ご利用の用途、
以前ご利用されたことのある小型PCとの比較など、
レビューシートをお渡し致しますので様々なご意見をお寄せください。

 

極小74㎜デスクトップPC LIVA Q1D 是非お試しください!!

 

▼ 関連記事:PCWatch

ECS、映像出力×2またはGbE×2が選べる手のひらサイズの小型パソコン

 

※ レビューに対して
メーカー保証外のご利用方法については
お客様ご負担でのご利用をお願い致します。
何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


 

Huawei OceanStor おすすめALL Flashモデル のご紹介

2020年12月16日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 47 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

只今、おっとサーバ店ではHuawei OceanStor Dorado V6
こちらにSAS SSDを組み込んだオールフラッシュモデル
特別キャンペーン価格にて販売中です!!

 

 

① SSD 1.92TB ×16(有効容量 30TB) … 4,480,000円(税別)
② SSD 1.92TB ×24(有効容量 50TB) … 6,000,000円(税別)

弊社商品ページはこちらから

 

また先日、クラウドWatch様にも弊社での製品取り扱い記事を
掲載いただきました!!

 

▼かつてない高性能と低遅延を実現する次世代オールフラッシュストレージ
「OceanStor Dorado V6シリーズ」

 

 

導入時のコストの面でお悩みのお客様にも
おすすめの商品となっております。
是非ご検討ください。

Huawei OceanStor おすすめALL Flashモデル

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010


 

IdeaHub webinarのご案内

2020年12月16日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 13 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

急なご連絡にはなりますが、新製品HUAWEI IdeaHubwebinar開催のご連絡です。

今回は開催まで期間が短くなっておりますので、開催2時間前まで受け付けております。

 

★開催日時:12月17日(木)18:00~18:30

今回はテストケースとして【先着30名様限定】です。
参加をご検討される方は、是非お申し込みをお願いいたします。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新製品HUAWEI IdeaHub紹介
~リモート会議&電子ホワイトボードの機能について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

テレワークが日常となりました昨今、会議室とテレワークの各社員を直感的に繋ぐことのできるツールが注目されています。
今回紹介いたしますHUAWEI IdeaHubもその一つで、本体そのもののAI機能を利用した各種機能のご紹介をいたします。

概要
【HUAWEI IdeaHub製品紹介】
・電子ホワイトボード機能
AIによる手書き認識機能の実践

・プロジェクタ・PCとの双方向通信
プロジェクタとしてPC画面を大画面に投影する機能
IdeaHubのタッチパネルから投影したPCを操作

・Zoom会議室
Windows向けのZoom rooms、オートトラッキング機能の紹介

■実施日
2020年12月17日(木)18:00~18:30

■ツール
Zoom Webinar
参加費︓無料 ※お申込み頂いた方へ別途Zoomリンクを送付させて頂きます。

※お申し込みはこのメールへのご返信か下記メールアドレスまでお願いします
ask@pg-direct.com

当社ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、製品入荷情報やお得情報など、
さまざまな記事を更新してまいりますので、是非ご覧ください。

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010