シマンテックライセンス SEP VS トレンドマイクロ

2022年10月26日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 50 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

マルウェア対策のライセンスは、トレンドマイクロ、ESETなど様々なメーカーがあります。

皆さん、メーカーごとの機能差に疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、本ブログでは、当店で主に扱っているシマンテックライセンスと、

マルウェア対策のライセンスで多くの方が使用されている、トレンドマイクロと機能を比較してみました!

『おっとサーバ店 シマンテックライセンス商品ページ』

https://www.pcserver1.jp/category/SECURITY/

 

シマンテックライセンスでよく使用されている

SEP(Symantec Endpoint Protection) 14と、トレンドマイクロと比較した図を

掲載いたします。

悪意のあるソフトウェアから攻撃を受けてから、攻撃を受けたデバイスが修復されるまでの流れに沿い、

機能差を比較しました。

 

①攻撃を受けるフェーズ

→侵入の遮断作業が重要

 

 

 

 

トレンドマイクロでは、複数種類の製品の購入が必要なのに対し、

SEPでは他種類のライセンスの購入が不要です!

 

②マルウェア侵入のフェーズ

→感染防止作業が重要

 

 

 

 

主な違いとして、マルウェア製品自体に、機械学習機能があるか否かとなります。

この機能により、SEPでは最新の悪意のあるソフトウェアに対応可能となります。

 

③マルウェア実行のフェーズ

→感染拡大防止作業が重要

 

 

 

 

 

トレンドマイクロの製品は、振る舞い検出のみの機能に対し、

SEPではルートキットの検出など、様々な脅威に対抗可能となります。

『norton ルートキットとは?』

https://jp.norton.com/blog/malware/rootkit

『Canon パッカーとは?』

https://eset-info.canon-its.jp/malware_info/term/detail/00084.html

 

④修復のフェーズ

デバイスを安全に保護することが重要

 

 

 

 

 

SEPでは、別製品の購入の必要がなく、

マルウェアに感染したPCのネットワーク隔離が可能となります。

 

その他ご不明点等ございましたら、下記お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

『おっとサーバ店 お問い合わせフォーム』

https://www.pcserver1.jp//apply.html?id=APPLY1

『おっとサーバ店 シマンテックライセンス商品ページ』

https://www.pcserver1.jp/category/SECURITY/

HP Z2 G8 Tower でSPECviewperfを起動してみました。

2022年10月26日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 3 分 5 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、中古入荷シリーズ第三弾として、HP Z WorkStationより、

Z2 Tower G8 の紹介・レビューをしていこうと思います!

本体には目立った傷も殆どなく、新品販売時価格よりも10万円以上

お安くご案内できます!(もちろんグラフィックカードの変更も承っております。)

 

HP HP Z2 G8 Tower Workstation (500N4PA#ABJ)

CPU 8コア:16スレッド:Core i9 11900 2.5GHz:16MB
メモリ 64GB(2x32GB) PC4-25600 DDR4-3200
グラフィック インテル® UHDグラフィックス 750(CPUに内蔵/カスタマイズ可)
ストレージ 1TB HP Z Turboドライブ G2(OSインストール)
SATA 1TB 7,200rpm 1台
interface Intel® I219LM 1GbE(オンボード、Alert On LAN対応)×リア1ポート

Intel® I350-T2 1GbE(オプション、Alert On LAN対応)×リア2ポート

電源 700W (80PLUS認証電源ユニット, 92%変換効率)
各種ポート USB Type-A 480Mbps転送×3 (リア×3) USB Type-A 5Gbps転送×3 (フロント×2

(1つはチャージングポート)、リア×1) USB Type-A 10Gbps転送×4 (フロント×2、リア×2)

サイズ 169×385×356mm
重量 標準構成時 約7kg
標準保証 メーカー1年保証,メーカー2年訪問修理

 

Z2G8はCPUにIntel Core i9 11900を搭載しています。

11900はハイエンドに分類されるCPUで、レンダリングやビデオのエンコードも難なくこなす事ができます。

一方で、性能に対して消費電力が若干高い点がややネックとなります。この辺は、やはり14nmプロセスで作成されているという点に何かあるのでしょうか…?

また、Z1G8に比べて高さが低くなり、奥行きが長くなっています。この辺は、収納面で助かる場合があるかもしれませんね!

 

 

外観

正面

 

背面

 

基本的な構造はZ1G8とあまり変わりはありません。USBハブを使用しなくても

大丈夫なくらいの必要端子類は揃っているといった状況です。

また、今回はPCの内部構造も確認してみました!

 

いたってシンプルな構造ですが、何かカバーのようなものがついてますね?

 

こちらどうやらGPU部分のファンのようでした。前回のブログで、

Z1G8ではファンが殆どなく、排熱性が悪い可能性があると記載いたしましたが、

Z2G8ではその点で、いくらか冷却性能が高まっていそうです。

 

 

 

ベンチマークスコア
毎度恒例のベンチマークテストを実施してみました。CPUの構成が前回同様の為、

cinebenchを除くベンチマークスコアも記載しています。

*今回GPUにQuadro RTX6000を搭載してテストしています。

 

SPECviewperf2022(3ds Max,aya,Solidworks)

 

 

Blender Benchmark(3.3.0)*monster/junkshop/classroom

 

 

FINAL FANTASY XV(高品質・FullHD・フルスクリーン)

 

 

今回はRTX6000という事もあり、さすがのスコアでした。前回のRTX3070の構成に比べて、

Viewperfなどは殆ど80程度上回っています。またBlenderも大変良いスコアで

Geforce RTX2080Tiを上回る程度の性能がでています。Direct-X環境だと

概ねRTX2080程度の性能でしょうか?

やはり、レンダリングやCADはGeforceに対して明確な性能差がある事がわかりますね。

 

今回使用したモデルはコチラ

https://www.pcserver1.jp/item_list.html?PCSERVER1JP%3Acategory_select=ALL&keyword=Z2+Tower&category_cd=&keyword_condition=ITEM.ZAIKO_TOTAL

 

その他モデルワークステーションはコチラ

https://www.pcserver1.jp/category/WORKSTATION/


当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、様々な記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010

 

 

【超特価品】メーカー再生品 18TBHDD入荷しました!

2022年10月21日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 54 秒
いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。


この度、メーカー再生品(リファビッシュ品)の

Seagate Exos X18 ST18000NM000J 18TB NL-SATA 」が入荷いたしました。

1台当たり 34,760円(税込)の超特価で販売中です!



【メーカー再生品】在庫 Seagate Exos X18 ST18000NM000J 18TB NL-SATA 90日保証

海外より仕入れをしました並行輸入品でして、1箱20台入りで配送されています。



【メーカー再生品】在庫 Seagate Exos X18 ST18000NM000J 18TB NL-SATA 90日保証

1台ずつ、静電気防止用の銀袋に入っています。
Seagate Exos ブランドロゴである戦闘機の絵は、メーカー再生品のためHDDに描かれておりません。




【メーカー再生品】在庫 Seagate Exos X18 ST18000NM000J 18TB NL-SATA 90日保証

通電・動作検査致しました。
性能・健康状態どちらとも100%で、動作は全く問題ございません。


このように動作に問題のないHDDですが、1点ご注意いただきたい点がございます。
メーカー再生品 HDDの為、正規品とは異なり保証期間が90日間のみとなります。

ビジネス用途で利用するため、90日間では心配...とお考えの場合は、
当店先出センドバック保証をオプションでご用意しております。
お買い上げいただきましたHDDへ、3年間の先出センドバック保証いたします。



また、複数台一括購入等をご検討の場合は、下記お問合せフォームよりご連絡ください!
別途、お見積をご案内させていただきます。

何卒宜しくお願い致します。


お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010


ALog製品 30日間無料トライアル実施中

2022年10月19日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 12 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

当店のブログで度々ご紹介しているALog製品ですが、

メーカーにて30日間無料トライアルを実施しています!

当店の下記商品ページから、お気軽にお試しください!

 

『おっとサーバ店 ALog製品 30日間無料トライアル』

https://www.pcserver1.jp/category/ALOG/ALOG_TRYAL.html

 

▼ALog製品の商品ページはこちら▼

『おっとサーバ店 ALog製品ページ』

https://www.pcserver1.jp/category/ALOG/

 

▼過去のALog製品のブログ記事はこちら▼

『【ALog SMASHのご案内】皆さんは重要情報の漏洩対策を行っていますか?』

https://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/7364

『ALog製品の取り扱いを始めました!』

https://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/7311

 

当店では、セキュリティーライセンスも取り扱っております!

ALog製品を合わせてご利用されると、より強固なセキュリティー対策が可能となります。

1ライセンス4,800円(税抜)で導入可能ですので、合わせてご検討ください!

 

『おっとサーバ店 シマンテックライセンス商品ページ』

https://www.pcserver1.jp/category/SECURITY/

 

▼過去のシマンテックライセンスのブログ記事はこちら▼

『シマンテック【Endpoint Security Enterprise】のご案内』

https://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/6986

『シマンテックライセンス よくあるご質問』

http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/7216

FusionServer 5288 V6で超大容量RAID組んでみた。

2022年10月19日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 17 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、昨今弊社でもリピーターが増えている、xFusionよりFusionServer5288 V6で、

18TBx40本(合計:720TB分)のHDDでRAIDの検証してみましたので、ご紹介します!

 

まずは外観ですが…。とにかくデカい!!!です。

他の1Uサーバが下敷きになってしまっているのが分かるかと思いますが(間に静電対策板いれてます)、

とにかく厚みがあります。3.5インチのHDDが一体何本実装できるのでしょうか。。。

 

基本のスペックとしては以下の通りです。

xFusion FusionServer 5288 V6ラックサーバー

CPU 2コア:Xeon Silver 4309Y 2.8GHz 8C/16T 2CPU
メモリ PC4-25600 Reg
ストレージ 前面 3.5×24ベイ
背面 3.5×12ベイ+4ベイ(内蔵)
3.5インチ 合計40ベイ
背面 2.5x 4ベイ SATA/SAS/NVMe
Intel NVMe UH830a-Y 3.2TB U.2
Intel SSD S4510 240GBx2 RAID1
I/Oポート NIC メザニン 1000T 2ポート i350
NIC メザニン 25G QSFP 2ポート CX5
管理ポートx1
電源 900W:2基

実際は3.5インチが40本実装可能でした。それに加えて2.5インチが4ベイ程あります。
一つ気になる点としては、内臓4ベイ…? 開けてみました。

 

まさか、こんな収納のされ方をしているとは….。

スペースを余す事なく使っているのはさすがの発想・技術力です。

1000T-2portに加えて、25GQSFP-2port、IPMI用ポートなど、

運用上で必要な物は大方搭載しています。(PCIeスロットの空きが

1つあるので増設も可能と思われます。)

 

◎RAID検証

今回はこのモンスターマシンをつかって、18TBのHDD 40本で

RAIDがどこまでいけるのか、検証してみたいと思います。

まず手始めにRAID-0でどこまで組めるのか実施していきます。

 

セットアップ画面はこんな感じ。

 

AVAGO(RAIDコントローラ)のメニューから40本選択してGO!

 

ダメでした…。

それもそのはず、一般的にRAID-0では32本までの台数制限があります。

逆に32台x18TBで組めば576TBまで構築する事が出来ます。

 

気を取り直して今度はRAID-60を組んでみました。1スパン

32本以下であれば40本のRAIDも問題なく構築できそうです!

今回の容量およそ600TB…。めったに見る事がないストレージです。

 

念のためWindwos Serverでも認識するのか確認してみました。(2019std)

問題なく認識できてました!

大容量ストレージを検討している方は、是非一度 xFusionをご検討してみて下さい。

 

今回使用したモデルはコチラ
https://www.pcserver1.jp/category/XF/XF5288V6_3536_352_0026.html

 

その他モデルxFusionはコチラ
https://www.pcserver1.jp/category/XF/


当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、様々な記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010

PRIMERGYの保証期間を1年単位で延長しませんか?

2022年10月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 20 秒

富士通のPRIMERGYはメーカー延命保守が出荷後1年以上経って
からでも、加入することが可能なんです。

例えば、2020年に購入頂いたTX1310M3ですが、保守自体は通常1年ですから
当然サポート終了です。

もしマザーボードが故障してしまったら部品代とエンジニア派遣費で

10万円程度の出費を覚悟する必要があります。

他の選択肢として、新品で1年間のサポートが付属している新型「TX1310M5」

導入するという事も出来ますが、やはりコスト増は否めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的にまとめて見ますと、

① 2020年3月出荷 PRIMERGY TX1310M3 一式

Xeon E3-1225V6/8GB/2TBx2/WinServer 2016STD/ USER 5CAL

⇒ 約17.5万円

② 2022年10月出荷 PRIMERGY TX1310M5 一式

Xeon E3-1225V6/8GB/2TBx2/WinServer 2019STD/ USER 5CAL

⇒ 約26万円

M5シリーズはWindowsServerが2019からのサポートです。
2016でシステムを構成していると、当然OSもCALも買い直しです。

出費を抑えるために本体だけ購入し、OSを流用は出来ません。

そこで!

まだまだ長期間運用でしたら、延命保守に加入しませんか?
PRIMERGY本体のシリアル、保証書に書かれている型番を弊社にお伝えください。
お見積致します。相場観はTX1310M3 Xeonであれば【約4万円/1年】程度です。

ただし!

保守お見積可能な本体は、弊社出荷日から2年半をMAXといたします。

こちらを過ぎてしまいますと、保守部品の確保ができないため保守加入が

出来ません。

お電話または、お問合せフォームからお気軽にお問合せください。

TEL: 03-3233-8010
お問合せフォーム: https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、おっとサーバ店をよろしくお願いいたします。

 

ASUSTOR 在庫モデル 特価販売中です!

2022年10月14日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 16 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

当店にて一押しNASとして好評を得ておりますASUSTORですが

在庫がございます、即納ASUSTOR特価モデルのご紹介をいたします。

 

2022年10月現在、ASUSTOR NASは、全モデルが2.5GbE LANポート対応しています!

是非ASUSTORを中心に、快適なネットワーク環境を構築されてはいかがでしょうか。

 

即納在庫モデル 主なスペック
AS5202T
ASUSTOR Nimbustor 2 AS5202T(Celeron J4005/2ベイ/タワー) 2TB x2
CPU:Intel Celeron J4005

デュアルコア 2.0 GHz

メモリ:標準2GB

ドライブ ベイ数: 2

 

41,360円(税込)~

AS6602T
ASUSTOR LOCKERSTOR 2 AS6602T(Celeron J4125/2ベイ/タワー) 2TB x2
CPU:Intel Celeron J4125

クアッドコア 2.0GHz

メモリ:標準4GB 

ドライブ ベイ数: 2

 

59,400円(税込)~

AS1104T


ASUSTOR DRIVESTOR 4 AS1104T(Celeron/4ベイ/タワー) 2TB x4

CPU:Realtek RTD1296

クアッドコア 1.4GHz

メモリ:標準1GB

ドライブ ベイ数: 4

 

41,470円(税込)~

AS5304T

ASUSTOR Nimbustor 4 AS5304T(Celeron J4105/4ベイ/タワー) 2TB x4

CPU:Intel Celeron

クアッドコア

メモリ:標準4GB

ドライブ ベイ数:4

 

66,440円(税込)~

AS6604T

ASUSTOR LOCKERSTOR 4 AS6604T(Celeron J4125/4ベイ/タワー) 2TB x4

CPU:Intel Celeron J4125

クアッドコア 2.0GHz

メモリ:標準4GB

ドライブ ベイ数: 4
※ M.2 ドライブ 別スロット x2

 

78,980円(税込)~

 

もし、掲載外のご希望カスタマイズがございましたら、お気軽にお問合せください!

その他 ASUSTOR NASモデルはこちら

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010

 

HP Z1 G8 Tower でSPECviewperfを起動してみました。

2022年10月14日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 55 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、恒例になりつつある中古商品レビューシリーズという事で、

Z1 G8を紹介・レビューしていこうと思います!

Zシリーズ WorkstationはNVIDIAのQuadroシリーズを搭載している事が

多いですが、今回のワークステーションはGeforce RTX3070を搭載しています。

基本スペック・仕様をはじめ、本ブログでは実用性も考えて、CAD用の

ベンチマークテスト(SPECviewperf)も実施してみました。ワークステーション選定の

参考になれば幸いです。それではどうぞ!↓

 

今回使用するモデルの仕様・スぺック

HP HP Z1 G8 Tower Desktop PC  (4V8F9PA#ABJ)

CPU 8コア:16スレッド:Core i9 11900 2.5GHz:16MB
メモリ 64GB(2x32GB) PC4-25600 DDR4-3200
グラフィック NVIDIA Geforce RTX3070 8GB
ストレージ 512GB HP Z Turboドライブ G2 (OSインストール)
SATA 2TB 7,200rpm 1台
interface ヘッドフォン×1(前面)、 Display Port1.4 (背面x2:インテルHD
グラフィックス用)、RJ-45 x1(背面)※6、 オーディオラインアウト×1(背面)
電源 550W:1基
各種ポート 前面: USB 3.2 Gen2(10Gbps) Type-A ×2、USB 3.2 Gen2(20Gbps)
Type-C ×1、USB 3.2 Gen1(5Gbps) Type-A×1、USB 3.2 Gen1(5Gbps)
Type-A(チャージ機能付き)×1背面: USB 3.2 Gen2(10Gbps) Type-A ×2、
USB 3.2 Gen1(5Gbps) Type-A×1、USB 2.0 (480Mbps) Type-A×1、
USB 2.0 (480Mbps)Type-A×2、インテル® I219LM 1000T 1ポート
サイズ 168×308×370 mm
重量 5.95kg
標準保証 メーカーオンサイト2年保守

USB関連の接続ポートが非常に豊富であることがわかるかと思います。CPU・GU性能も

申し分なく、基本的な運用であれば特別困る事もなさそうです。気になる点をあげるとすれば、

排熱の問題かと思います。非常にコンパクトな構造なうえ、CPUファン(リテールクラス)と

リア側に90mmファンが1つだけなので、高負荷の処理を行う場合はCPU温度等に注意が

必要かもしれません。

 

外観

前面ポート

 

背面ポート

 

背面ポートは必要最低限で抑えつつ、全面は非常に豊富な数の端子類を実装していす。

また、SDカードリーダーが搭載されているのも何かと便利で嬉しい要素です。

USBハブを追加で使用する必要もあまりなさそうなので、配線面でも扱いやすいかと思います。

 

ベンチマークスコア
今回は、SPECviewperfを利用してCADソフト”3ds Max”,”Maya”,”Solidworks”使用時の

ベンチマークテストを実施してみました。前回同様のベンチマークスコアも記載しています。

SPECviewperf2022(3ds Max,aya,Solidworks)

 

CINEBENCH R23(左/single 右/multi)

 

Blender Benchmark(3.3.0)*monster/junkshop/classroom

 

FINAL FANTASY XV(標準品質・FullHD・フルスクリーン)

 

今回は、CAD用ベンチマークを初めて利用してみました。

3ds Maxの値がやや低いように感じられますが、環境の問題でしょうか。

この辺は違うGPUでも継続的にテストを行い、情報収集・発信していきたいと思います。

また、他ソフトは概ね期待通りのスコアがでているかと思います。

専門業務作業用途にはもちろん、普段使いとしても非常に優秀・無難な一品です。

 

今回使用したモデルはコチラ
https://www.pcserver1.jp/item/Z1TG8_C001.html

その他モデルワークステーションはコチラ
https://www.pcserver1.jp/category/WORKSTATION/

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、様々な記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010

【ALog SMASHのご案内】皆さんは重要情報の漏洩対策を行っていますか?

2022年10月12日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 50 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

昨今では、重要情報が漏えいすると、多くのケースで金銭被害よりも

責任問題のほうが重大だと捉えられます。
重要情報の無防備なままの放置は、経営者とシステム部門の責任者に

非難や追及が集中する結果を招きます。

このような問題を把握はしていますが、対策が出来ていない方が多いのではないでしょうか?

大事なデータが保管されているサーバを重点的に監視することで、

コストや手間などがさほどかからず対策可能となります。

弊社では、サーバの監視ツールとしてALog SMASHを取り扱っています!

『ALog SMASH 1 サーバライセンス(初年度保守 1年付き)』

https://www.pcserver1.jp/item/AL_SMS_NL.html

『ALog SMASH 1 サーバライセンスサブスクリプション』

https://www.pcserver1.jp/item/R_AL_SMS_NL.html

 

 

 

 

 

 

 

ALogSMASHでは・・・

誰が書き換えたか

誰が削除したか

一目瞭然で判別可能となります!

不審な操作に対するアラート機能もあるため、いち早く不審な操作に気づくことができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなALog SMASHdですが、3つの特徴があります!

特徴その①

簡単インストール可能

インストールはわずか数十秒!
システムに不慣れな方でもすぐにインストールできます。

 

特徴その②

専用サーバ不要

ファイルサーバに直接インストールするので、

専用の管理サーバが不要です。

 

特徴その③

超コンパクト

収集したログは数千分の一に圧縮保管。

”超”コンパクトだから大容量ディスクも不要です。

 

ALog SMASHは、上記以外にも様々な機能があります!

ALog全般の疑問点などでも構いませんので、お気軽に下記URLからお問い合わせください!

『おっとサーバ店 お問い合わせフォーム』

https://www.pcserver1.jp//apply.html?id=APPLY1

『ALog SMASH 1 サーバライセンス(初年度保守 1年付き)』

https://www.pcserver1.jp/item/AL_SMS_NL.html

『ALog SMASH 1 サーバライセンスサブスクリプション』

https://www.pcserver1.jp/item/R_AL_SMS_NL.html

セキュリティソフトも弊社で取り扱っていますので、ぜひご覧ください!

『おっとサーバ店 セキュリティライセンスページ』

https://www.pcserver1.jp/category/SECURITY/

マイクロソフトCSPライセンス 最安値で販売中!

2022年10月7日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 10 秒

いつもお世話になっております。

当店は、マイクロソフトCSPライセンスを
ネット最安値で販売中です!

Windows Server OSからSQL、CALなどマイクロソフトライセンスが
最安値、かつクレジットカードでも購入可能です!

★当店人気ライセンス(2022年9月)

※ 価格は2022年10月時点での税別価格です

1位 CSP Office LTSC Standard 2021

・・・・・・・・・・・・・・・・ 55,000円

2位 SQL Server 2019 Standard Edition

・・・・・・・・・・・・・・・・ 104,000円

3位 CSP Windows Server 2022 Client Access Licence – 1 User CAL

・・・・・・・・・・・・・・・・5,300円

4位 CSP Windows Server 2022 Remote Desktop Server CAL – 1 User CAL

・・・・・・・・・・・・・・・・16,800円

5位 WIN VDA Per Device 単一言語 サブスクリプション 36ヶ月料金 (OpenValue)

・・・・・・・・・・・・・・・・158,760円

 

最近では、自動更新が行われないLTSC ライセンス
関連のお問い合わせが多くなっております

 


↑クリックするとマイクロソフトカテゴリが表示されます

 

■ご注文と納品方法

CSPライセンスご注文時は、申請書(EU様情報、MS365用ドメイン※お持ちの場合)
が必要となり、納品はメールとなります。

どのライセンスを購入していいの?とお悩みの方も多くいらっしゃいますので、
その際はどうぞお気軽にご相談下さい。


▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010