EPYC搭載のInspurサーバを取り扱い開始!日本全国訪問修理が可能です!

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 7 秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AMD EPYCサーバはミドルクラスからトップレンジはIntel Xeonを

大きく凌駕するハイパフォーマンスサーバです。

 

CPUベンチマークのPASSMARKで公開されております値では、

AMD EPYC 7313P(16コア 3GHz 155W  $913) ⇒  41,884

Intel Xeon Gold 6346  (16コア 3.1GHz 205W  $2,057) ⇒ 37,606

ベンチマークスコア、CPUコスト、消費電力を上回っております。

 

省エネでコストに優れたCPUですが、色々な政治的理由?から

大手サーバメーカーではラインナップはイマイチな状況。

納期面も価格面もあまり乗り気では無い印象を受けます。

弊社ではこの状況を打破するために、世界サーバ出荷台数2位の

Inspur社製の【NF3180A6】の取り扱いを開始したしました。

【納期1.5ヶ月 取寄】 Inspur NF3180A6 AMD EPYC 7313P 16C 64GB 960GB 10G 3YW

Inspur製のPCサーバは標準で3年間翌日訪問修理可能。

全国に支店を持つサービス部隊が対応。

安心安全なメンテナンスをお約束いたします。

今回フラグシップモデルとして当社で扱いますスペックは

EPYC 7313P 1CPU / メモリ 64GB / SSD 960GB / 10Gb-T / 800W*2 / 3年間翌日訪問修理

こちらで、728,000円(税別)となっております。

また、納期面も他社より優遇されており、他社では3ヶ月前後の納期がかかるところを

約1.5ヶ月で納品可能です。世界第2位のサーバ出荷量がなせる調達力です。

スペック、コスト、保守体制、納期に優れたInspurを是非ご利用ください。


コメントは受け付けていません。