Intelligent Provisioningが使えないDL360でRAID組んでみた。

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 28 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

当店のお客様に日ごろからご好評頂いてるサーバ、”HP DL360 Gen9“がRAM容量などの関係で、
ファームアップデート時に、IntelligentProvisioning(F10キー)が見えなくなってしまうという
現象が確認されました。

 

そこで今回は、F10キーでIntelligentProvisioningに入れなくても、RAIDを構築できる方法
ご紹介いたします!

※当店取り扱い品は、F10キーが正常に動作する事を確認してから出荷を行っています。

 

■事前に準備するもの
・オフラインHPE SmartStorage Administratorブートメディア

 

まずはじめに、RAID構築用のSmartStorageAdministratorを起動するため、
DVDもしくはUSBから直接起動する為の、オフラインブートメディアを作成してください。

▼HPE サポートセンター該当ページ
https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=c04099169&docLocale=ja_JP

 

ブートメディアの作成が完了したら、メディアをDL360Gen9本体に入れて、本体の電源をオン。
しばらくすると、SmartStorage Administratorが自動で立ち上がってきます。

一番上の起動オプションを自動選択して….。

 

無事に起動する事が出来ました!

 

あとは、通常のIntelligent Provisivoningと同じ手順でRAIDを組んでいきます。

 

構築したRAIDが正常に認識するかどうかを確かめる為、VMware ESXi6.7をインストールしてみました。
問題なく認識&インストールできました!

 

▼今回利用した商品のカテゴリページ
https://www.pcserver1.jp/category/HP_STOCK

 

当ブログでは、今回ご紹介した様な内容のほかにも、
製品入荷情報やお得情報など、様々な記事を更新してまいりますので、是非ご覧くださいませ。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tell: 03-3233-8010


コメントは受け付けていません。