‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

TX1310M3のモニタ出力

2017年10月10日 火曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 29 秒

サーバ機の出力は未だにDsub15ピンが一般的でしたが、今回のTX1310M3からディスプレイポートに変わりました。(TX1320M3とTX1330M3はDsub15ピンは標準搭載です)

このように今まで取り付けてありましたDsub15ピンがありません。弊社でもキッティングルームにあるKVMはアナログモニタ用なので困りました。サーバはとりあえず映せれば良いといった使い方の方も多いはずです。わざわざモニタを買い直ししたくない。そこでオプション品で変換ケーブルが用意されていました。

このようにディスプレイポートをDsub15に変換できます。これでアナログモニタでも表示が可能です。弊社のKVMでも無事表示できました。当店在庫モデルとして出荷しておりますTX1310M3にはこちらのケーブルを同梱しております。その代わりにキーボード・マウスは同梱しておりません。

PRIMERGY TX1310 M3のHDD接続

2017年10月10日 火曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 51 秒

PRIMERGY TX1310M3で大きな変更箇所は奥行きの減少ですが、HDDの搭載箇所が変更となっています。

1・2台目まではTX1310M1と同じように側面を開けると正面に見えていますが、3・4本目は本体前面パネルを開けて搭載する形状になりました。

パネルを外しますとこのように搭載ユニットが見えてきます。金具を動かして前面に引っ張り出すように動かしますとこのようになります。

後はHDDを取り付けて押し込むだけです。ユニットの出し入れが若干渋い場合もあります。力任せに行うと破損の原因になりますのでお気をつけ下さい。

なお、メモリの搭載位置もこのユニットの真下になりますので増設の際はユニットの引き出しが必要です。

これに伴って、HDDの接続形状も大きく変わってしまいました。以前はSATAケーブルと電源ケーブルがフリーな状態でしたがM3からは一体型に変わっています。

レールにHDDを取り付けて押し込むだけですので便利になりました。

ですが、マザーボード側のコネクタは一般的なSATAコネクタです。SATAケーブルを交換できなくなりましたのでRAIDコントローラの搭載も出来なくなりました。オンボードソフトウェアRAIDはWindowsServer向けとなります。VMwareは対応しておりません。Linuxもドライバが必要となりますし必ずしも用意されているとは限りません。WindowsServer以外はRAID無しでの運用が前提となりますのでご注意ください。

 

 

Xeon-D搭載の省電力サーバ Supermicro 5018D-FN8T入荷!

2017年5月22日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 55 秒

SupermicroのXeon-D1518を標準搭載しましたラックマウントサーバ5018D-FN8Tが入荷しました。

外見はこんな感じです。

奥行きは25cm程度と非常に短いです。一般的な1Uですと70cmなので相当短いです。

10GのSFP+を2ポート標準搭載。INTEL X552コントローラです。

1Gが6ポートありますが、i350-AM4が4ポート。i210が2ポートです。

USBの上にあるのはIPMIです。

標準でLANポートが沢山ありますのでLANカードの増設は必要なさそうです。

ふたを開けるとこんな感じです。2.5インチが2つ搭載可能。

試しにSSDを置いてみました。コネクタ間の距離が非常に近いため青いポートは使うのが困難です。黄色のポートからなら細いケーブルを使用すれば何とか2台は搭載出来そうです。

前回の記事でも書きましたが、PCI-Eを使用してしまいますとスペースを隠してしまいます。さらにケーブルの取り回しが困難になりますので運用方法を決めてからパーツを取り付けた方が良いです。

当店の検証用ラックに載せてみました。

ちょっとわかりにくいですが、当店の検証用ラックはIBM製なので奥行きが約71cmです。当機は25cmなので後ろにも搭載しても余裕があります。前後に搭載してスレッド数を稼ぐことも可能です。

前回の記事で動作確認消費電力測定を行いましたので合わせてご確認ください。

こちらからお求め可能です。今回の商品はデモ機として店内に御座いますので実物を見ることも可能です。よろしくお願いいたします。

5018D-FN8T の消費電力測定

2017年5月19日 金曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 32 秒

先ほどの記事で使用しましたSupermicro 5018D-FN8Tですが、元々はXeon-D搭載の省電力サーバが売りです。そこで、今回はNVMeを搭載した状態で電力測定を行ってみました。

①アイドル時

②起動直後

③2012R2起動してアイドル状態

④PRIME95を起動させてCPU負荷80%状態

⑤その状態からCrystalDiskMarkを動かして、NVMeに負荷を掛ける。

以上の結果となりました。当社の出荷台数No1のTX1310M1 Xeon E3-1226V3モデルでは

最大86Wでしたので、電力はこちらの方が低いです。CPUのパフォーマンスは劣りますが。

CPUパワーが必要な環境では厳しいかも知れませんが、CPU負荷はほどほどで、本体の台数が必要で且つデータセンターから電力をうるさく言われている箇所でしたら非常に効果的に運用できるサーバです。是非ご検討ください。

極細LANケーブルが大量入荷いたしました。

2017年5月18日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 26 秒
LANケーブルをお探しのお客様に朗報です。

外形3.2mmの極細LANケーブルが大量入荷いたしました!


通信興業 TSUNET-EX S-CordV2-MP8C R 8-8 PP 極細Cat6 LANケーブル(赤1m)

写真のように従来のケーブルと比べて細さが一目瞭然。データセンターのように大量に使用すると非常にすっきりします。
Cat6にも対応しており、細さの他にも曲げやすく、軽いというメリットがございます。
色は赤・青、長さは1m、2m、3mと幅広く取りそろえております!
価格表
店頭、通販共に取り扱っております。
大量購入、即納可能なため、LANケーブルを低コストで大量に必要な方、作業環境をすっきりさせたい方におすすめです。
是非ご検討ください。

アメリカに現地法人を作りました。

2017年4月14日 金曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 58 秒

昨今、高速デバイスとしてNVMeが出荷されているのはご存じだと思います。以前の弊社ブログでも記事にしています。現在、NANDの高騰もあってSSDやNVMeの国内流通が非常に悪くなっております。潤沢な時代は2週間で入荷していた商品が現在は2ヶ月かかることもあります。

Intelはグローバル企業です。CPU、SSD、NICなど商品は日本もアメリカも基本的には同じ。であれば日本の数十倍のIT市場があるアメリカなら在庫はあって短納期で入手出来るのでは?とお考えになる方も多いはずです。でもアメリカには購入のパイプは無い。通販で先に振り込んでも物が来ないとか全く別物が届いてクレームを入れても返信が無いなど不安もあります。

そこで弊社、国際産業技術株式会社はアメリカに現地法人を作りました。その名も「KSG AMERICA.INC」です。アメリカのITというとシリコンバレーですが、そこから少し離れたところのサクラメントという所にオフィスを構えました。Webサイトはこちらになります。

外観はこんな感じです。

GoogleMapですとこの辺です。

 

一般的なパソコンと違って弊社の取り扱っているエンタープライズ商品はアメリカ市場が圧倒的なシェアを持っています。当然、納期はアメリカを優先させて日本はその後となります。ですが、日本でもエンタープライズ商品を導入したいお客様は多数いらっしゃいます。KSG AMERICAはそのようなお客様にアメリカ市場から商品を見つけて短納期でお届けできるパイプ役としてご活用頂ければ幸いです。

日本市場では入手経路が無い、短納期で個数がまとまらないなどでお困りの際は是非お声がけください。これからのKSG AMERICAにご期待ください。

 

 

当店内がGoogleストリートビューで表示されます

2016年8月18日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 28 秒

Googleのストリートビューは皆さんご存じかと思いますが、現在は色々な建物の中もビュー出来るようになっています。このたび、当店もストリートビューで店内を動けるようになりました。

 

ottoサーバ店」でググりますと、右側に当店が表示されます。ここに「中を見る」という表示があります。こちらをクリックして頂き、さらに360°ビューをクリックして頂くと店内をストリートビュー出来ます。今まではお電話やメールだけでやりとりしているお客様も当店の雰囲気を分かって頂けると思います。

 

なお、当サービスはGoogleの無料サービスでは無く、有料となっております。認定パートナーの企業様にお願いする形となっております。当社は株式会社フレックス様(http://www.flex-inc.jp/)に作業して頂きました。

DELL PowerEdge R230 は奥行きが短いです。

2016年6月27日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 31 秒

PowerEdge R230ですが、メリットとして1Uラックサーバとしては奥行きが短い点があります。下記写真を見ていただくと一目瞭然です。R230の奥行きは約530mmと非常に短いです。PRIMERGY RX1330M1と比べても約60mm程度短いです。

IMG_3285

IMG_3291IMG_3293

データセンターによってはラックキャビネットの奥行きが短くていざサーバを設置したら後ろに飛び出てしまうケースもあります。また、ラックマウントレールキットのアジャストが合わずラックキャビネットに取り付け出来ない場合もあります。

R230のレールは約610mm~約900mmまでのアジャストが可能です。そのため、奥行きが短いラックキャビネットにも取り付けが可能です。ラックキャビネットのケージナットを取り付ける四角穴に本レールの突起を差し込んで真ん中のツメを引っかける形でロックします。シンプルで使いやすいレールキットです。

IMG_3287 IMG_3288 IMG_3289

 

DELL PowerEdge R230 にVMwareESXi6をインストール

2016年6月9日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 15 秒

PowerEdge R230ですが、VMwareESXi6のインストールも特に手間なくインストールできます。

オンボードRAIDは使用出来ませんのでご注意ください。(他社メーカーでもオンボードRAIDは使用出来ません)

単純にメディアをDVDにセットして進めるだけです。

こちらの画像はSATA 8TBを取り付けてインストールしました。2portNICも認識出来ています。

VM1 VM2

DELL PowerEdge R230 にWindowsServerをインストール

2016年6月9日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 44 秒

PowerEdge R230ですが、WindowsServerのインストールにはLifeCycle Controller(起動時にF10を押します)を使いますとWindowsServerのインストールが非常に楽に完了出来ます。

DELLのサイトに詳細が載っていますのでご参考ください。RAIDを使用する際は最初に【システムセットアップ】→【システムBIOS】→【SATA設定】→【組込SATA】でAHCIをRAIDモードに変更してください。その後、再起動を要求されます。再度、LifeCycle Controllerに入り、ホーム上にあります【RAIDを設定してOSを展開】を選んでください。この中でRAIDの設定が可能です。RAID設定完了後にOSのセットアップに移動します。

こちらからuEFI化の有効化ができますので、2TB以上でS130のRAID1を組んだ状態でも1パーティションインストールが出来ます。OSメディアからの手動インストールも出来るのですが、S130オンボードRAIDを有効にしますと別途ドライバが必要となりますため手間がかかります。

こちらの画像はSATA 8TB(RedPro)を2本でRAID0を組んでいます。(実験ですので本運用でRAID0はおすすめできません)

8TX2